レオパ 飼い方

レオパ飼育でコレだけはハズせない!必須の一点とは?

 

何も知らない初心者でも、
3分でわかるレオパの飼い方!

 

とりあえず、必ず押さえるべきポイントを紹介します。

 

3分でわかる!レオパの飼い方

 

レオパの飼育方法は、
とーーーってもシンプルです。

 

フトアゴヒゲトカゲなどの爬虫類は、
バスキングライトを使ったり紫外線を与えないといけません。

 

そのぶん、飼育費も高くなってしまいます。

 

 

それに対してレオパはライト類は一切要りませんし、
横幅45〜90cmもある飼育ケージを用意する必要もありません。

 

レオパ飼育に必要な用品は、たったこれだけです!

 

・プラケース
(横幅20cmあれば良い)

 

・水入れ
(100均でも何でも良い)

 

・パネルヒーター
(基本的にメーカーは何でも良い)

 

・カルシウムサプリメント
(こだわりが無ければGEX製品で良い)

 

どうでしょう?

 

とにかく安く済ませようと思えば、
5000円以内で揃えることができます。

 

もちろん他にも(ウェット)シェルターなどありますが、
こちらは任意で、100均でも構いません。

 

パネルヒーターだけは必ず用意しましょう

 

つまり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)飼育で、
必須の一点を挙げるとすれば・・・

 

パネルヒーターだけはお忘れなく!

 

これだけはハズせません。

 


ピタリ適温プラス1号 パネルヒーター

 

レオパの保温方法はパネルヒーターだけ!

 

基本的にレオパの生活適温は、25〜30度あたりになります。

 

その為に、パネルヒーターをプラケース下に敷いて、
ケース底面が上記した温度になるようにしておきます。

 

※ケースの3分の1に敷く

 

そうすれば、生体が自分で移動して、
お腹を暖めるときはそこに居座りますし、
その必要が無いときは他のスペースで寝ていたりします。

 

したがって繰り返しになりますが、
パネルヒーターだけは必ず用意しておきましょう。

 

ただし12〜2月の寒い時期は・・・

 

基本的にパネルヒーターだけで過ごせますが、
冬の時期は、それだけだと頼りないです。

 

そこで、冬の時期はパネルヒーターに加えて、
こちらの爬虫類用品があると便利です。

 

暖突というヒーターで、
レオパ飼育者の7,8割は愛用していると言っても過言ではありません。

 


みどり商会 暖突 だんとつ Sサイズ 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便

 

 

だいたいの場合、暖突で加温するか?エアコンで部屋ごと暖めるか?のどちらかです。

 

必須の1点はパネルヒーターである、とお伝えしましたが、
もしかしたら暖突も欠かせないのかもしれません。

 

もしこれから寒い時期に入るなら、
暖突を用意しておくのが一番無難でしょう。